デジタルマーケティングを始めよう
  • TEL: 03-6418-9221

デジタルマーケティング ブログ

基礎から最新情報まで、マーケティング担当者向けの役立ちブログ

span>
メールアドレスをご登録いただくと、定期的に最新情報をお届けします。

キーワードはDIY!マーケティングのトレンドを掴もう

マーケティングトレンドはDIY(Do It Yourself)。なぜ今DIYが効果的なのか、その背景や具体的に行える施策についてまとめる。

たくさんの情報があるが、欲しい情報が見つからない

先日、買い続けているコミックスの新刊が出たので、誰かの感想が読みたくて検索をしました。しかし残念ながら、求めたものはなかなか見つからず……。こういう時、検索から目当ての情報を探すのは本当に難しくなりました。Google検索でもTwitter検索でも、状況は同じです。Google検索で目立っていたのは、アフィリエイト目的の内容の薄い記事や、違法アップロードサイト。Twitter検索では、アフィリエイトリンクを投稿しているbotがずらりと並んでいました。

個人・法人を問わず、誰でもがWeb上で自分の考えたことを公開できる現代です。うまくいけば検索上位に表示されたり、ソーシャルメディア上でたくさんの人にシェアされたりなど、多くの人に自分のことや商品・サービスを知ってもらえる可能性があります。皆、こぞって情報発信を行い、Web上にはたくさんの情報が溢れていますね。

多くの人にチャンスがあること、多くの情報があること、これ自体は素晴らしいことですが、情報の受け手に回った時、嬉しいことばかりではありません。Google検索も、ソーシャルメディアなどの各サービス上の検索も万能ではありません。検索をしてもドンピシャではない情報がたくさんひっかかってしまったり、時には全く関係のないスパムのような情報が含まれていることもあります。

結果、検索結果にはたくさんの情報が表示されるのに、どれだけページを繰っても本当にほしいものは見つからない、もしくは目的達成までに非常に時間がかかるという状況が発生します。そんな現在のWebに、苛立ちを覚えたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

「見失いたくない情報発信源」になるために

たくさんの情報が溢れ、必要とする情報が見つかりにくいからこそ、ターゲットとする人たちが「必要とする情報」を提供できているブログやソーシャルメディアアカウントには多くの人から支持を集めます。「せっかく貴重な情報源を見つけたのだから、見失わないように……」と、メルマガ登録やブックマークをしたり、ソーシャルメディア上でアカウントをフォローするなど、継続的に情報を受け取れる手段を取るわけですね。

情報を発信する側では、この「見失いたくない情報発信源」になれるよう、相手に役立つ情報を提供しようと努力をしています。企業のブログやソーシャルメディアでも、業務上の専門知識や、外部からは得られない貴重な事例などを発信すべく皆、工夫を凝らしているはずです。

しかし実際のところ「役立つ情報発信をすること」は簡単なことではありません。漫画家志望の人に「面白くて皆が読みたがる漫画を描けばいいよ」とアドバイスしたとすれば、「それができれば苦労しない!」と言われてしまうでしょう。

「役立つ情報発信をすること」も、この構造と似ています。頭でわかっていても、それをクリアするのは難題です。長い長い前置きになりましたが、この難題をクリアし、「見失いたくない情報発信源」になるため、見る価値のある情報発信をするために、DIYは非常に重要なポイントなのです。

DIYに目が引きつられるワケ

検索やソーシャルメディアを使っている時、どうしても目にするのが広告です。さらに具体的に言うと、「アクセスを自分の利益につなげようとする情報」です。アクセスから利益を得ることが悪、というわけではありませんが、この記事の冒頭でもあげた通り、Google検索時やソーシャルメディア上での検索時に「見る側のことは考えず、利益をあげようとするだけの情報」がたくさんヒットする、という点が問題です。

漫画のあらすじをただなぞっただけの内容の薄いアフィリエイト記事、アフィリエイトリンクを記載しただけのソーシャルメディア上の投稿……。欲しい情報を検索から探した時、そうした情報を目にする機会が増えたことで、広告そのものへの嫌悪感が高まっているのではないでしょうか。そんなの見たくない、と誰もが思っているはずです。反対に言うと、見てもらいたいのならば、その逆をやればいいわけです。

その逆とは何か?を具体的な要素に分けて考えた時、一番大事なのは「情報発信者自身の考えが伝わってくること」ではないでしょうか。見る人のためになる貴重な専門知識、お役立ち情報が詰まっていることが大事なのはもちろん大前提です。しかし難題です。この点については、ひたすら努力を続けるほかありません。

しかしそれ以前の、見てもらうために大事な要素である「手探りでも自分自身の考えを発信すること」は、今すぐ誰にでも始められます。

専門的な知識や重要なニュースを発信していても、それが「他の場所でも得られる情報」であれば、情報の受け手にとって「選ぶ理由」にはなりません。検索時に無数にヒットする他のコンテンツに埋もれてしまうかもしれません。しかし、自分達の考えが伝わる手作りのコンテンツであれば、「ここでだけ得られる情報」「選ぶ理由」になります。

うまくいかない場合、時間がかかるケースもありますが、事実や知識を伝えるだけでなく、専門知識や事例からたどり着いた結論、感じたことなど、書き手の考えを発信に含めましょう。それが、SEOにおいても重要視される「オリジナリティ」にもなります。
 

具体的に何を「DIY」するのか


検索アルゴリズムは日々進化していますが、似たようなコンテンツ、他者のコピーでは?と感じるコンテンツを目にすることもまだまだ少なくありません。このような状況の中では(たとえばいくらか文章の完成度が低くても)、情報発信者自身の言葉、発信者自身が自ら作ったコンテンツが目を引きつけるフックになります。継続することができれば、他の発信者との差別化ポイント、独自の価値も大きくなっていきます。

 

DIYコンテンツが生きる場所

・自社ブログ、オウンドメディアの運営
・記事、画像や動画などのビジュアル要素の作成
・ソーシャルメディアアカウント(TwitterやFacebook)の運用

継続することができれば、と言いましたが、こういうのはやっていきなり効果が出るわけではありません。自分に置き換えて考えてみても、「せっかく見つけた情報を見失いたくない」と思うのは、「興味がある情報がそこで定期的に発信されている時」ですよね。継続的な発信ではないなら、今あるものをチェックして去ればそれでいいわけです。情報の受け手にも割けるリソースの限界があるので、単発で役立つ情報、自分の言葉を発信できても、なかなか大きな成功は見えてきません。

「今すぐに誰でもできること」ではありますが、これもその実なかなか難しいことです。情報の海から自分たちを見つけてもらい、絆を作り、ゆくゆくは顧客になってもらうことを目指してWeb上での情報発信を行うなら、「DIY」であることを定期的にふりかえり、継続的に続けていきましょう!

このコンテンツは参考になりましたか?

メルマガ登録はこちら

デジタルマーケティングに役立つ最新情報を随時配信しています。

span>

最新記事

人気の記事

タグ

アーカイブ

デジタルマーケティングを始めよう

一人ひとりへの違うおもてなし、してみたくありませんか?
あなたがしてあげたい、おもてなしの旅の計画を作りましょう。
Pagez Marketing Cloudが一人ひとり違う、おもてなしの旅に連れていきます。

マーケティングでお悩みですか?

国内大手企業に導入されている高機能CMSにマーケティング機能をプラス。
サイト管理、フォーム、顧客管理、メール配信、コンテンツマーケティング、マーケティングオートメーション。
デジタルマーケティングに必要なツールをオールインパッケージしたクラウドサービス。
Pagez Marketing Cloudは必要な機能を選択して、始めることができます。


Pagez Marketing Cloudとは

掲載メディア